美しく軽やかな日々。

主婦となった編集者ライターの、美と健康と生活まわりのこと。

やりたいことに真っ直ぐに。

新しいことにチャレンジしたい。

そう覚悟を決めてから

仕事を少しセーブすることにした。

 

はじめは働いていないことや、

収入が減ったのにもかかわらず

出かけたり本を買うことに対して罪悪感があった。

 

何も言われていないのに、

「夫は絶対“金喰い虫!”と思っているに違いない」

なんて変な思い込みもあり、不自由で苦しかった。

 

このところ開き直ったのかそんな感情はない。

不自由だった頃の自分は「覚悟を決めた」と言いつつ

覚悟が足りなかったのだろうと思う。

 

焦り、不安、不満があって、

自信もなく自分自身のことを信頼できていなかった。

自分のことを信頼できないから、

周りの人に対してもどこかいつも疑うような

心から頼ったり信用したりすることができない。

 

夫とアシスタントの仕事量や売り上げに

「少ない!」「もっと稼いで!」「もっと働いて!」

というイライラした気持ちが肥大していった。

自分は働いていないのに、だ。

 

夫やアシスタントに対する感情にも波があった。

心の中で2人を悪く言う自分を責めて落ち込む。

よく考えたらくだらないし、バカみたいだ。

 

人のせいにばかりして自分のことを棚に上げている。

全部自分がやっていることなのに、

自分で選んでいることなのに。

 

気持ちを切り替えて、

「やりたいことに対して素直に行動しよう」

と思うようになった。

 

お金や時間の不安は確かにある。

私も夫もフリーランスで収入も多くない。

今はアシスタントもいて、無茶なことは正直できない。

だからと言って諦めたくない。

もっと稼ぐために、年を取っても元気に働くために。

 

そういえば、チャレンジするために動き出した際、

私は目標を掲げていた。

「今のグルメ、旅行系のライターから

健康と主婦(生活)系のライターに方向転換したい」

と。

 

しかし目標はあっても目的がなかった。

 

どうしてそうなりたいのか?

そうなるためにはどうしたらいいのか?

 

そこに対するアプローチが決定的に足りなかったと思う。

だから考えもブレてしまうし覚悟も揺らいでしまう。

 

目的をはっきりさせてから、

勉強の仕方も変わったしビジョンもはっきりしてきている。

焦り、不安、不満なんかも解消してきた。

「大丈夫。今は(お金も時間も)苦しいけど、達成できる!」

と自分を信じることができるようになった。

そして、周りに対しても信じて、感謝できるようにもなった。

 

不思議だけど目の前がパァと明るくなったような感覚。

希望に満ちている。

この感覚をずっと持っていたい。

それはまず、やりたいことに向き合って自分を信じることだ。

 

できること できないこと を見極め、

できることの範囲で 自分に合うやり方を探る。

間違えたらやり直したり、一度立ち止まってもいい。

 

柔軟に進んでいこう。