美しく軽やかな日々。

主婦となった編集者ライターの、美と健康と生活まわりのこと。

怒らないなんてできない。

事務所のプリンターのインクが切れた。

ストックも無くなっていたので、

夫に頼んでネットショッピングで買ってもらうことに。

 

昨日注文して今日届く。

ホントに便利だねーとか言って、夫がプリンターにセットする。

「あれ、認識してくれない」

 

……。こいつ、やりやがったな。

品番違いのインクを購入していた。

 

パッケージに大きく品番も書いてくれているし、

前の化粧箱も置いていて、確認さえすれば間違えるはずなどないのに…。

夫のそういうところが本当にイライラする。

 

前もズボラして正規品ではないものを買って大失敗している。

もう、この人、目の前のことしか興味がないから、

過去の出来事とかすぐ忘れてしまうし、本当に学ばないというか。

羨ましいわ。ある意味。

 

しかし、私は感心できない。

なんたって6000円近くのお金がムダになるのだから、

主婦的にはこれは安易に許せることではない。

 

6000円あったら何ができると思う?

結構なんでもできるし、友だちとお茶やランチにも行けるし、

下着も買えるし、無印の衣装ケースも買えるし、

いっぱいできることがあるのよ。

今、怒りでふつふつ震えているけれど、

あまり感情的に夫に言い過ぎると萎縮してしまって申し訳ないので、

書いて心を落ち着けさせて欲しい。

 

怒らないで生きていく、怒りを手放す系の本とかあるけど、

怒らないなんてできない。喜怒哀楽があるんだから。

 

この怒り、どうしたらいいんだろうか。