美しく軽やかな日々。

主婦となった編集者ライターの、美と健康と生活まわりの記録です。

お風呂、最強。

この連休、岡山・倉敷旅行に行っていて、

ずっと運転を担当していたのでちょっと疲れちゃいました。

なので、今日はずっと自宅警備

 

一歩も外に出ていません。

余裕で引きこもれます。

 

仕事も「ヤバいぞ…」というくらい落ち着いていて、

でも、まぁ、そういう時期だと思って存分にダラダラしました。

ホントはウォーキングするべく外へ行こうとしたのだけど、

なんか誘惑に負けてモスバーガーに入ったり、

スーパーに寄って、スパークリングワインとチーズ買ったりしそうだなって。

ウォーキングもやめました。

私は誘惑に弱いので、夜歩かない方がいいかもしれない。

 

よし。早起きして歩く!

明日から絶対にやってやりますよ!(←いまだかつて出来たためしがない)

 

なので、今日はゆーっくりお風呂です。

昨日、岡山からの帰りに美作の湯郷温泉に寄ったのですが、

渋滞やらなんやらでずっと車で同じ姿勢…。

せっかく、天然温泉で温まって浮腫もスッキリ取れたのに、

再び体中浮腫んで大変でした。

(お肌と髪はツルツルスベスベです)

 

浮腫ながすぞーっと、長風呂。

そんな私の長風呂、ダイエット方法をお伝えいたします。

 

 

その前に、これは私の年齢・体質・性別に合ったやり方なので、

違う体質の方は参考にならないかと思います。ご了承ください。

※性別や年齢、体質によって向き不向きがあります。

※33歳、低体温・低血糖・低血圧、水毒体質、運動不足、

  不規則な生活をおくる私に合った方法です。

 

長風呂の目的

私は「水毒体質」です。

体の表面や内蔵が冷えやすく、余計な水分と老廃物を溜め込みやすい体質です。

とにかく体内に溜まった余計な水分と老廃物を汗とともに出すこと。

それが長風呂の目的。あとは、リラックス&リフレッシュ。

お風呂大好きなので、長風呂はストレス発散になります。

 

お風呂の温度と準備

お風呂を沸かす際、設定温度は42〜43度。

少し高めですが、体調や気分でもう少し低くしたりします。

足先からかけ湯をして、徐々に体をお湯に慣らすこと。

なるべく肩まで浸かって、腹式呼吸

すると尋常じゃない汗がダラダラ流れてきます。

私は、熱々のショウガ紅茶を持ち込んで飲みながら入浴します。

体の外と中とを同時に温めて、汗をいっきにかけるように。

あと、私は入浴剤やバスオイルにこったり、

風呂の電気はつけずキャンドルを灯したり、

スマホジップロックに入れて持ち込んだりしています。

 

入浴中にやること

私はジップロックに入れたスマホを持ち込んでいるので、

インスタやツイッターで美容、健康情報を収集しています。

あと、音楽をかけて歌ったり、呼吸を意識しながら簡単なヨガをしたり。

熱いお湯に浸かっているので、激しい動きはNG。

首や肩甲骨を回す、手首を緩めるヨガのポーズなど無理のない程度で。

あとは、イボイボのついたローラーで全身マッサージです。

 

気をつけたいこと

体温の高い方、高血圧な方は熱いお湯に入ると危険かもしれません。

自分の体調・体質に合った方法で無理は禁物です。

私も、のぼせないように湯船→上がって冷水シャワー→湯船…

と、出たり入ったりを繰り返しています。

 

風呂上がりのケアもお忘れなく

体や髪を洗って、じーっくり温まったなら、

ボディケアと頭皮&ヘアケアはマストです。 

熱めの湯に入るので、

ボディクリームやヘアオイルを塗って乾燥を予防。

ドラッグストアで買った安くて大容量のシートパックを、

毎日朝の洗顔後とお風呂上がりに顔につけています。

最近はアンチエイジングのパックを愛用中。

スキン&ヘアケアが終わったら、ヨガのポーズを何個かやります。

特に足首、太ももに効くヨガ。

 

私は余裕で2時間以上お風呂に入ります。

ボトボトに汗をかいて、風呂上がりに体重計に乗ると、

いらない水分と老廃物が流れてくれて、結構体重も減ります。

 

お風呂入っただけなのに、1キロ減ったりザラです。

毎日お風呂に入れば、余計な水分と老廃物も流せるし、代謝も上がるし、

痩せやすくなるしで、お風呂に入った方がいいよ!

と、声を大にして言いたいのです。。