日々、フジマキコクバン。

大阪在住。フリーの編集者兼ライター・フジマキユウコが書いています。

大切にしたいことが変わったから、その先へ。

思い立ったが吉日と言わんばかりに、

浮かんだアイデアをその時々の勢いに任せて言葉にしてしまう。

言葉足らずで誤解を招くことも多いし、

つい最近だと「SNS断捨離」の宣言もそうだ。

 

捉え方を間違えられて

SNS上でしか繋がっていないから私も断捨離されるんですね」

という風に思われた方もいるようなので、

誤解のないように自分の考えを書き記しておきたい。

自分の心の整理にもなるし。

 

SNS断捨離」をしようと思ったのは、去年の春くらいだったかな。

ちょうど、夫氏とせっせと夜中にフジマキコクバンのHPを作っている頃。

 

夫氏に

「ネタになりそうなコトを闇雲にSNSで発信するんじゃなく、

せっかくHPも作ったんだから丁寧にコンテンツで見せた方がいいんじゃ?」

と言われたのが始まりだったと思う。

 

何の気なく聞き流して「んじゃ、そのうちそうしよっか~」などとはぐらかし、

相変わらず私は思いついたことを闇雲にSNSに投稿しまくっていた。

 

春以降、仕事もそうだけど環境が目まぐるしく変わった。

新しい取引先が増えたり、事務所を構えることにしたり、結婚したり…。

生活も変わる、家族との関係も、周りの人たちとの関係も、

自分自身の考え方も猛スピードで変わってゆく中で、

一瞬止まって見えた気がしたものがあった。

 

「今のスピード感や実体のない“繋がり”というやつを私が背負うの、無理や!」

 

それ。それが見えた。

背負いきれていない自分が見えた。ヘトヘトになってた。

 

ついこの間までの自分には丁度いいヒマつぶしと心のよりどころだった。

ツイッターもインスタもフェイスブックも。

友だちや著名人の情報がリアルタイムで分かるし、

自分の嬉しかったことや腹立たしいこと、悲しいことも投稿して、

誰かが気にとめてくれたりすると、ありがたいなと思えたり。

 

でも、次第にその情報量とスピードに胃もたれしだした。

あらゆる人の根拠のない発言やウラが取れてない情報、

上から目線で他人のこと、著名人のことを評したりしている様子に疲れたし、

自分もすっかりそうなってることにも嫌気がさした。

 

極めつけと言ってはアレだけど、

SNSを介した人間関係も“SNS断捨離”への決意に繋がる原因だったりする。

詳しく書いてしまうと個人を特定してしまい、

また違う誤解を生んでしまいそうなので差し控えるが、

とにかく身近な人間関係を大切に生きていこうと思う出来事があった。

 

私が会いたいと思う人、私に会いたいと思ってくれる人がいればいい。

SNSがないと維持できないというなら、

申し訳ないけれどもそれまでの関係だなとも思う。

 

SNSのおかげで出会えた人、会いたかった人にも会えた。

仕事でも、とても便利なツールでもある。

もう連絡がつかないかもしれないなぁと思った人とも再会できたり、

嬉しいこともたくさんあった。

 

でも、これからの自分が大切にしたいところからは、

少しずつズレてきている気がする。

私は今、自分と夫氏、我々2人の生活が大切だ。

そこに一番興味がある。丁寧に扱いたいと思っている。

 

嬉しいことや楽しいことがある反面、

イライラすることや激怒りなこと、悲しいこと、悔しいこと、

その時の感情に任せてツイッターでストレスをぶちまけたいと思うかもしれない。

 

でもやっぱり、夫氏の言葉に戻るが「闇雲に…」それをするのを辞めたい。

やるなら、オフィシャルの場で長文でネタとして書く!

そうすることに決めた。

 

そして、SNSが無くなっても私はフジマキコクバンのHPで、

引き続きブログも書くし、お問い合わせフォームもあるから連絡も取れるし、

事務所の連絡先や住所も載っているので、

会いたいと思ってくれている人はアポ取って会いに来てくれたらいいと思っている。

 

実際、インスタグラムで声をかけてくれたキャンドル作家さんは、

面識もないのにダイレクトメールをくれて、ライン交換して、会いにきてくれた。

驚いたけどとても嬉しかった!

SNSがなくても、そうやってアクションをすれば縁だって続くから、

結局、会って話しをする関係が一番なんじゃないかな。。と、原点回帰。

もっと、シンプルになりたい。

 

何かやるときに理由がひとつしかないってことは、

あんまりないんじゃないかと思う。

いろんな問題や悩みが発生して、グズグズ考えて決断する訳だし、

これをやる理由はひとつじゃない。

 

仕事も家事も子育てもバリバリで、母として妻として女性としても完璧!

みたいな女性のSNS見て落ち込んで、辛くなったり…。

自分と他人を嫌でも比べてしまう状況も、無くしてしまいたいのも理由のひとつ。

 

そんな感じ。

以上、“SNS断捨離”についての思うことへのアレでした。