読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、フジマキコクバン。

大阪在住。フリーの編集者兼ライター・フジマキユウコが書いています。

体質改善の先にあるもの。

順調、順調。

体質改善プログラムがすこぶる順調です。

開始から4.6キロの減量。

体の中に溜まった老廃物やいらない水分を出す!

徹底してそれをしています。

 

私がなぜ躍起になって「体質改善!」やら「デトックス」やら言い出したかと言うと、

来年の秋に親族だけの小さな結婚式を挙げようと思っているからです。

 

本当のところ、ヤル気ゼロ…だったのですが、

夫氏のご両親がとても楽しみにしておられるというか、、

大切なひとり息子の結婚ですから、そりゃそうかと言う感じでで、

「めんどうだしやりません」とは言えなかったのです。

 

結婚のご挨拶に伺った際には、

「もういつ死んでもいいって諦めてたけど、生きる希望がわいた」

「孫が見れるかもしれん」

と喜んでくださったのでなおさら。

(夫氏は11個上なので、ご両親も半ば諦めていたそう)

 

プレッシャーじゃないと言ったらウソになるけど、

「結婚するということはそういうことだよな」

って、割りとすんなり受けいれることが出来たというか。。

 

我々的には事務所も借りたし確定申告まとめてやるために結婚しとく、

くらいの軽いもんなんだけど、やっぱそんなんじゃ済まないよなって。

どこか、そういう契約的なものをナメてたところがありますが、

ハッと気づかせてもらいました。

 

夫氏のご両親は私の大切な両親となったんだから、

望むことがあるなら出来る限り応えてあげたいと思っています。

 

そうなりゃ、やっぱデブでブスな花嫁では申し訳ねぇ。。。

それが体質改善を始めるきっかけのひとつでもあります。

体調が悪すぎるというのが1番、2番はコレです。

 

そして3番目があるとするなら、やっぱり子宝でしょうか。

もちろん、夫氏のご両親は孫をとても強く望まれているし、

とても楽しみにしておられる。

 

それも「子ども、あんまり好きじゃないので作りません」

とは言えませんでした。

私の母も、口では「孫なんて別に欲しくない」と言いますが、

実際は欲しいはず。街で小さな子がいるとすぐかまいだすし、

母も同世代の友人と会う際は、孫の話ばかりだと言っていたので。。

 

よし、できることはやるぞ!

 

アウトドアな生活をしたい、ホームをレスしたい、

ドーナツ&コーヒーショップをしたい、

いろいろやりたいことがてんこ盛りだけど、

私と夫氏の個人的なやりたいこととは別に、

少しばかり大きくなった家族の望みにも向き合わねばなりません。

 

年内と来年はちょっと頑張って働いて、

来年の後半からは妊活、再来年早々に出産…。

なんて都合のいい流れでいけたらいいなぁ。

(早めに大変なことを終わらせておきたい。

我々の親が元気なうちじゃないと子どもも見てもらいにくいし)

 

あー認めたくないけど、大人になっちまったなぁ。

金もかかるし、大変です。