読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、フジマキコクバン。

大阪在住。フリーの編集者兼ライター・フジマキユウコが書いています。

言い訳とイライラと器のデカさと。

事務所や諸々の書類集め、

保証人(親)にサインをもらいに頭下げたり、

役所を回ったりの作業が連日続く。

 

本日もその作業。

にも関わらず、出鼻をくじかれ同居人に対してのイライラがまた募る。

午前中には行動を開始しようと昨晩約束したのに、

徹夜で真空管アンプを制作していたらしく案の定寝坊しやがった。

 

イライラを通りこし、

マジでウザイな…と思ったりする。

なんで分かりきったことをするの?

普通に寝ても起きれないヤツが起きれる訳ねぇだろ。

腹ん中が煮えくり返るも、

言わずにはいられない自分を精一杯止めるようにする。

 

言うと止まらなくなる。

自分のことを棚に上げて、どんどん言ってしまう。

私だってもちろん、完璧な人間じゃない。

でも、同居人の自分のこと分かってなさすぎな行動に怒りはある。

 

キミひとりの行動ならいいけど、

私の時間まで台無しにするというのを自覚して欲しい。

 

こんな話、何度しただろうか。

言うのも心が消耗する。ホントめんどくさい。どうでもいい。

本心はそれだ。

 

私の器が小さすぎるのだと思うし、とてつもなく自分勝手だと思う。

 

同居人はイチイチ言わない。私みたいに。

私が例えば同じように怠惰なことをしても何も言わない。

しかし、ふとした時にグサリと言う。ボソっとポツリと。

 

何も言ってこない間、私も反省していない訳ではない。

後ろめたさと申し訳なさでいっぱいだ。

しかし、忘れた頃に同じような状況だったり、

私がペラペラと「あの時は〇〇〇だったから出来なかった」など

言い訳を並べると、グサっとトドメを刺してくる。

 

嫌なやり方をする。

 

私たちは、これから多分どちらか死ぬまでは一緒だ。

でも、深い深い愛情や絆で強く結ばれている自信はない。

だからって、

隣にいてくれなきゃ死んでしまう!ほどの存在ではないけれど、

いなくなったら心細いと思う。

 

同居人にふと注意を受けたとき、

キミに言われたくないよ!とばかりに「アナタだって〇〇だ」とか

「あの時〇〇だったじゃん」と、すぐ矛先を変える自分の言い訳の仕方を、

早々に改めなければならない。

 

私もまず黙るという選択肢を持てるようになりたい。

すぐ感情的になって、バケツをひっくり返したように口撃する。

 

この習性を治さねば、アカの他人との生活は成り立たないだろう。