読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、フジマキコクバン。

大阪在住。フリーの編集者兼ライター・フジマキユウコが書いています。

行動することと休むことのバランスが悪い。

https://www.instagram.com/p/BLU1nWmgsr9/私は5時間の睡眠で充分なんだけど、

同居人がよく眠り、そして、全然起きない。

加えて朝も弱いため、休日をムダにすることがよくある。

 

今日もお天気次第で出かけるかどうするか決めよう!

と言っていた昨日の言葉を、てめぇ忘れたのか!?っていうくらい、

朝起きない。。

 

慣れはしたけど、気にすると私がイライラするだけなので、

仕事大変だもんね。とか、体休めなきゃね。とか、

心の中で呪文のように唱え、そっとしておいてやることにした。

だからって、しっかり英気を養って、シャキーン!!!!

と行動的になってくれるならそっとしておき甲斐もあるのだが、

行動に移すまでのダラダラがハンパなく長い。

 

今日も起きてきたのが14時頃、ダラダラとしながら意識を回復しだしたのは、

15時くらいだった。もう日が暮れる。

どっか出かけようか?と声をかけてこられたが、

「いや、おめぇ昨日の言葉忘れたか?朝起きて天気見て決めるはずだったろ!」

と。ゆるやかに日が暮れてく今から、どこ行って何すんだよ。

ふざけんな。寝てろ。…とまでは思わないけれど、

「ハイ、今日も一日終わりましたね。チャンチャン」感が漂う、

そんな中、今からテンション上げてお出かけを楽しむなんて出来るはずない。

 

夕飯の支度だってしなきゃいけない。

何かしら時間をムダにしてた時に出来たであろう用事だって片付けねばならん。

私の望む休日の理想が高すぎるのか、休みこそ朝から行動したいのだ。

キラキラした日差し、澄んだ空気の中、

早々に汚れつちまつた大阪を出て、近場でもいい。里山で夕方くらいまで過ごし、

温泉でも入って帰ってきたいのだ。

 

実家にいたころの休日の過ごし方はそうだった。

前日夜中まで起きていようと、朝方まで進撃の巨人のDVDをフルで見ようと、

母上との約束は絶対だった。

6時に起きて、とりあえず岡山県福井県奈良県、京都の山の方など、

2~3時間車を走らせれば着く程度のところまでドライブし、

なんのリサーチもなく、目についた店で食事し、

適当にググって日帰り温泉施設を探し当て、入浴して帰る。

帰ったら、テレビ見て寝るだけ。

 

有意義この上なかった。しかし、今は出来ない。

朝が弱く睡眠時間がムダに長い同居人にこれを強要するのは酷過ぎるだろう。

そして、強要したところで朦朧とした中運転されるのは恐怖でしかないし、

なんというか、助手席で転寝したりパン食ったりしてるだけの私は、

辛そうな同居人を見て罪悪感でいっぱいになる。

 

「誘わなければ良かった」と―。

あぁ。でも、共に時間をムダにするのもまた辛い。

ストレスフル!