読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、フジマキコクバン。

大阪在住。フリーの編集者兼ライター・フジマキユウコが書いています。

ないなりに暮らすということ。

自分なりにくるくる考えを廻らせる中で、

今やれていることがこの先も出来るとは限らないってことに不安になったりします。

 

年を取って気力と体力、体の機能が低下するから…とか、

そんな単純なことではなく。

 

お金を出せば何でも手に入るとか、

スマホをポチポチしてれば探していた情報をキャッチ出来るとか、

ボタンひとつでお湯が沸き、火がおこせ、電気もすぐつく。

そういうことが出来なくなる事態がこの先起こった時、

今の私がこのまま年を取っても、知恵も技術も体験もないじゃないかと。

成す術がないぞ。。と、急に不安になるのです。

 

超インドア、超引きこもりな自分が、

今年(と言ってもホント3か月~半年前くらい)からアウトドアに興味が出たのも、

そこに理由があります。

「ない状況を如何にして過ごせるか、乗り切れるか」

缶ビール片手に変なサングラスをかけ、仲間と浜辺でBBQしてピース!

みたいなアウトドアではなく、

限られた道具と自分の知識と技術を持って外で過ごすということを、

しなければならない!と奮い立ったのです。

 

もちろん、今は楽しくキャンプが出来ればいいんだけど、

おいおいはアウトドア技術をもっともっと習得したいと思っています。

https://www.instagram.com/p/BJYvU2QgUnd/↑↑8月に初めてやったぶっつけ本番の佐渡島キャンプ。

無料キャンプサイトで、生まれて初めてのキャンプ&テント張り。。

事前にYOUTUBE見てイメトレだけして、、、何が正解か分からないままやりました。

海辺+台風の影響がモロに出た強風!

ニュアンスだけで張ったテント、、、もう不安しかありませんでしたが、

無事に過ごせたし、何より楽しかったです。笑。

 

https://www.instagram.com/p/BJcohvLgShB/無駄に可愛いキャンプギアを購入。笑。

写真映えを気にして(こういうところに職業の気質が出てしまう…。写真映え…。)

 

同居人が友人(超アウトドア人)に我々のキャンプ画像を見せたら、

「テントもタープの張り方も違う…」と指摘されたそうです。

笑。だって何となくでしか、、出来ないんだもん。

今度はちゃんと経験者をゲストティーチャーとして招いてやります。

 

今は、ミーハーな気持ちと不安で装備が多いけれど、

徐々に道具を最小限にしてアウトドアできるようになりたいです。

でも、オシャレなキャンプも楽しいです。

https://www.instagram.com/p/BJjn4n0AU-v/ドーナツとコーヒーの朝ごはん。。美味しくて、気持ち良かったなぁ。

佐渡島、来年もキャンプしに行きたいです!

 

ところで、

ない生活の参考に読んでいる本があります。

もたない、すてない、ためこまない。身の丈生活

もたない、すてない、ためこまない。身の丈生活

 

 アズマカナコさんの著書です。

 

必要以上に物を買わない、あるもので工夫して生活する、

作れるものは自分で作る。物を大切にして長く使う。

自然の中で暮らしていることを意識する。

 

すごく参考になります。

すぐに実践できないことも載っているけれど、

徐々においおいやっていきたいこと、持っておきたい知恵があります。

 

私がこのまま年を取ったら、、

本当に何も出来ない、文明の利器に頼り過ぎて自立出来ない、

役に立たない人間です。

 

少しでもない暮らしに対応できる知恵を、技術を、経験を、、、

足り過ぎている今の暮らしが保てているうちに習得しなければ。。