読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、フジマキコクバン。

大阪在住。フリーの編集者兼ライター・フジマキユウコが書いています。

「スロースターターなんです」でいく。

ヒビ

 自分の片付け力の低さに絶望する日々の中で、

仕事に追われまくってる同居人の気遣いに感謝せずにはいられません。

 

私が見て見ぬふりした洗い物をやってくれている。。

散乱してしまったゴミをまとめてくれている。。

散らかった部屋を少しだけ整えてくれる。。

 

「完璧な人間なんていないんだから」

と、決して責めずに自分も動いてくれる。

それだけでとても救われた気持ちになります。

 

しかし現在、生活費の大半があちら持ちなので、

そうなると、金も入れないし家事もやらない私の存在意義って何?

みたいなことになるので、無理矢理やる気を出さねばなりません。

 

ジャジャーン!!

https://www.instagram.com/p/BKwGXUdgFXq/

掃除すべきところ・すべきことを、少しだけ細かくリスト化しました!

自分を騙しながらやらないと進まないので、

項目を細分化、やったものから赤で潰し、達成感を感じながら任務を遂行する…。

そういう回りくどいやり方です。

 

これは、本業の方でもよくやる手段です。

携わっている本のタイトルをアタマに書き、ページ数や物件数など、

書かねばならない原稿がいくつあって、今どれだけやったか分かるようにします。

もっとするときは、タイトル・本文・店舗データまで分けてリストにすることも。

 

それで赤で潰す箇所が増えていくと、

「おぉ!案外進んでる。この調子じゃーい!」

とガンガンやっていくことができます。単純ですね。。

 

苦手なことも嫌いなことも、やり始めたら楽しくなる(はず)。

やるまでのケツの重さが邪魔をするような感じですね。

 

しかし、このやり方がマッチしないこともあります。。

「アレ、思ったより進んでない!ガーンッ!」

みたいなことも、、、あります。

 

なので、めげずに自分のやり方を見つけるっていうのも大切かもしれません。。

私も常に模索中。。

「この手がダメなら、次はこれやー!」

と、あらゆる引き出しを持っておきたい。

自分にマッチしたやり方が見つかるまでは亀の歩みですが、

私はちょっとスロースターターなだけ。と自分にも人にもごまかしておきましょう。