読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、フジマキコクバン。

大阪在住。フリーの編集者兼ライター・フジマキユウコが書いています。

理想を積み上げ過ぎて疲れる。

はぁ。。。

 

1日何回溜め息が出るか、数えたことはありますか。

私はありません。切りがないし、めんどくさいですよね。

 

散らかり過ぎた部屋、

一向に片付かない仕事机周り(仕事は終わっているのに…)、

手狭で料理も後片付けもしにくい台所、

灰皿と飲みかけのコーヒーが置き去りにされたテーブル。。。

(↑家主のしわざ)

 

生活空間の中で増えてくるモヤモヤ。

(モヤモヤとは散らかりまくった部屋のことを指す)

見て見ぬふりなんて出来ない規模になりつつあります。

はぁ。。。

 

生活するって難しい。。

実家を出て、あかの他人と一緒に住むようになってほぼ1年。

マメに片付け掃除をし、時間になったらごはんを作り、後片付けをする。

いただきもののお菓子がある日は、

紅茶にする?日本茶にする?と尋ねてくれて、その日の気分でお茶を入れ、

テレビを見ながらいろんな話ができる…。

母が提供してくれていたほっとする空間、安らげる空間が

維持するのにどんな大変かを思い知っています。

 

ズボラでぐーたらな私は、自分のことさえもできない。

片付けも、掃除も、洗濯も。

気が乗らない限りできないのです。

 

生活が難しい。

きれいな部屋に住み、環境に良く節約にもなる洗剤を使ったり、

物を減らして快適に住むとかなんとか、常備菜を作って時短料理とか…。

できない。そんな本やネットのまとめや、誰かのブログを見ると、

吐きそうになります。

 

やりたい!そうなりたい!けど、私にはスキルが高すぎて無理!

そういう意識高い生活をしてる人たちの決まり文句ときたら、

「私は元々ずぼらな性格で~」とか「料理が苦手だから常備菜を~」とか、、、

うそつくんじゃねぇ!と。。

 

できるからそうなっているのです。

できない私はゴミ屋敷予備軍。同居人よ、早く逃げてー!!

毎日そんなやりとりをしています。できない、思うようになんて。

どっから手をつけるんですか?

断捨離なんてみなさん簡単に言いますけど、

もはや不必要なものがどれかも分かりません。なんでー?

 

そんな話をメソメソと母にしました。家事が出来ないんだと。

「そらアンタ、理想が高すぎるからよ」

返ってきた答えが、予想外過ぎてビックリしました。

 

理想が高いの?私。

 

「ドラマみたいなきれいな家なんて無理よ」

と母は笑います。

 

「テレビとか雑誌とかに出てる片付け上手な主婦も、

撮影のとき用に必死で片付けてるって~。あはははは!」

あっけらかんとは、まさにこのことを言う!

 

母曰く、私は昔から完璧に思うようにならないとすぐ投げ出す奴だったそうで、

自分でハードルを上げに上げて、越えられなくなって自滅するタイプなんだって。

その通り!

 

自分のこと、あんまよく分かってなかったわ。。

まさにそうです。

理想を思い描き過ぎて、いつも自滅しています。

 

まぁ、気分が乗ればやればいいか。

主婦はすごいなぁ。友だちとか、子ども育てながらやってんだからね。

尊敬しますね。でも、地震におびえてるので、物は減らしていこうと思ってます。

できるかな。