読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、フジマキコクバン。

大阪在住。フリーの編集者兼ライター・フジマキユウコが書いています。

きっかけ欲しい欲しい病。

ヒビ

新しいことを始めるとき、キリの良いタイミングじゃなきゃ嫌だったり、

重い腰を上げる際は、とてつもない大きな刺激に突き動かされたいと思ったり、

とにかく何をやるにも「その物事のためだけのきっかけ」が欲しい私です。

 

思い付いたことに関してはすぐ跳びつくくせに、

ちょっと考えてから始めることに慎重になり過ぎるところがあります。

めんどくさい…!自分。

 

例えば、ダイエットを始めるぞ!と企んだ場合。

週のはじめである月曜日からじゃないと嫌だとか、

来月1日からじゃなきゃやる気にならん…とか、そんなんです。

 

しかし、急に思いついたこと…

例えば、今のバイトを辞めて〇〇〇バイトをしたい!とか、

早く起きれたから車で四国に行こう!とか、

その時々の気分やら天気やらやる気やらがマッチングしたら即行動。

周りを困らせてしまいます。

(お金無いのに仕事を辞めて母上に多額の借金をしたり、、)

 

そんなこんなで、

念入りに考えたり、計画したりした場合の私は

大いなるきっかけを望む傾向にあります。

それがないと、動けない・動いちゃいけないんだ!という自己暗示を、

勝手にかけてしまっている状態です。マインドコントロール

 

今もそうです。

先日までやらせてもらってたドーナツ研修&コーヒー販売を終え、

とてつもなく気が抜けてしまっていて、

次何かするのに、大いなるきっかけ待ちをしています。

 

うーん。でも、これって言い訳探しなんですよね。結局。

「〇〇の道具がないからできない」とか、

「〇〇の時期じゃないから無理」とか、

そのきっかけって一体なんなのでしょう。

考えてみれば、とてつもなくしょーもないものだったりします。

 

月曜日であろうと、火曜日であろうとどっちでもいいじゃん。です。

月はじめになんの意味があるの?ですよ、まったく。

もう一人の自分がいるとするならば、

きっかけ待ち中の私にそうぼやくに違いありません。

 

後回しにしまくっている汚部屋の片付けやら、

やりっぱなしの家事なんかもそう。

きっかけ待ちをして、やらない言い訳ばかり考えています。

 

このままじゃいかんな。このままじゃ。

 

そう、このままじゃいかんのです。

このままじゃいかんので、

むしろ“きっかけ”に来てもらうための準備に取り掛からねば!

待っていても時間の無駄だと気が付いたので、

”きっかけ”に迅速に対応してもらうべく、私も行動に移すぞ!

 

今月はその準備期間です。

まずは汚部屋をなんとかして、不必要な物を捨てます。

流行りの断捨離とやらですね。

そして必要なものを買いそろえて、

放棄していた家事を再開させます。

 

そうこうしているうちに、10月には“大いなるきっかけ”が到来するでしょう!

さぁ来い!いや、10月まで待ってくれ“きっかけ”。

何もしないで欲しがってばかりの自分にケジメをつけるぞ。

10月の“きっかけ”到来まで、ウォーミングアップをしておきます。