日々、フジマキコクバン。

大阪在住。フリーの編集者兼ライター・フジマキユウコが書いています。

手抜きの連続技。

お昼はいただきものの即席麺に野菜と豚肉を入れて食べました。

簡単!楽ちん!

f:id:fujimaki_kokuban:20160107113921j:plain

ちょっとでもヘルシーにと思って、麺は湯がいてざるにあげ湯切りをします。

スープ用の湯は別の鍋で沸かし、豚肉・野菜・スープの素を煮込みます。

器に麺と具材を盛り付けて、最後に熱々スープを流し入れ完成!

 

f:id:fujimaki_kokuban:20160107115928j:plain

お好みでブラックペッパーやごま油を少々かけると香りが良いです。

即席乾麺は油で揚げてるみたいなので、油抜きをすると多少ライトになります。

野菜たっぷりなので、食べ応えもあるしあっさり食べれる気がするなぁ。

 

野菜なんですが、私はまとめ買いした際、

3~5種類の野菜をジップ付きの袋でごちゃ混ぜにして保存するようにしてます。

f:id:fujimaki_kokuban:20160107114050j:plain

即席麺はもちろん、味噌汁や野菜炒め、

メインに添える野菜を作るときなど、手でわし掴みにして鍋にポイっと入れます。

野菜がたくさん簡単に使えて、バラバラに保存しとくより場所も取らないし便利です。

 

キッチンが狭いので何かを出したら何かを洗ってなおさねばならず、

置き場所がない!もうグチャグチャだ!と、ごはん作りは効率と場所確保の戦いです。

いちいち食材を切るたび洗い物が出ることとこの手間を考えたら、

買ってきた時や最初に野菜を使う時に仕込んだ方が効率が良い気がします。

 

実際ひとまとめにしてガバっと使うと、

野菜の使い損じや忘れてて冷蔵庫の片隅で召されてることもなくなりました。

だいたい3~4日以内に使いきっちゃうし、傷む心配もほぼないです。

「あ、やばい。野菜がもうなくなる!」と、ひと目で分かりやすいのもいいです。

 

ジップ付きの袋で保存するときキッチンペーパーを一枚入れておくと、

野菜から出た水分を吸ってくれて傷みにくいです。(←ビチャビチャになったら取り替える)

水洗いした野菜なんですが、

しっかり水切りして保存すれば1週間もつ場合もあります!

 

 ↑こういう水切り器でしっかりと水分を取ります。

 私が以前のバイト先で教えてもらったのは、本気の2回切りです。

 

まず水洗いした野菜を中に入っているザルにあげ軽く水切り。

そして、水切り器にセットし力強く回転させ1回目の水切りをします。

一度フタを開け、ボウルに溜まった水を捨ててすかさず2回目の水切り開始。

これで、割としっかり水が切れているはずです。

トドメに3回目の水切りをしてもいいくらい。

 

(小声)

私はIKEAで買った300円くらいの水切り器を使っています。

たっぷり容量で嬉しいサイズ感なのですが、

やっぱり安いだけあってフタとザルとボウルが一発で噛み合ってくれない。。

いざ使う際、セットに時間がかかっています。

なので今、1000円以内のこの水切り器が欲しいなぁと。。

こういう用途が限られている道具は、

2個も3個もいらないのでケチケチしないでちょっとイイモノを買えばよかった。

今更ながら後悔しています。。

 

この野菜をジップ付きの袋にキッチンペーパーを入れて保存すればバッチリ。

できたら早いうちに食べ切りたいところですが、

うっかり外食が続いたりするので食材のロスを防止すべく、

多少めんどうでもこの作業をやります。

 

冷蔵庫もスッキリするし、いいこと思いついちゃったなぁ。

物理的にスペースがない、そしてお金もない…となると、

超めんどくさがり屋な私でさえ「何とかしよう!」と工夫したり、

ひと手間かけたりするんだからおもしろい。

 

生活するっておもしろいんですね。