読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、フジマキコクバン。

大阪在住。フリーの編集者兼ライター・フジマキユウコが書いています。

ナンデマン。

ヒビ

「なぁなぁ、なんでなん?」

 

…ハイ、コレ、私の口癖です。

近しい人はよく耳にすると思いますが、

かなり鬱陶しいと評判の口癖。

 

「なんで、青にしたん?赤も黄色もあるのに」

「なんで11時からの回にしたん?」

「なんでその仕事しようと思ったん?」

「なんでこの店チョイスしたん?」

 

もう、私との会話で「なんでなん?」が出てこないことなんて、

ほぼ無いと言っても過言ではない…。

時に「うるさい!」って怒られることもあります。

 

この「なんでなん?」口撃に、

約30年もの間被害に遭っているのが家族です。

 

小さい頃、

「なぁなぁお母さん、なんでなん?」

っていちいち聞いてくるので、

さぞ面倒臭かっただろうなァって思ったのですが、いやいや…。

母は一言「自分で考え!」「辞書で調べ!」って言うて、

あんまり相手にされなかった記憶があります。

 

しかも、

私が気になるポイントは調べたら何とかなるものばかりではない。

「え、なんとなくだけど…」

としか答えようがないことが随分気になるのです。

 

例えば、

いつもボーダーのカットソーとパンツスタイルの友だちが、

なんとなく花柄のワンピースを着て集合場所にやって来たとしたら、

「ナンデナンデ?」

「何で花柄にしたん?」

「何でワンピースの気分になったん?」

こんな感じで、聞きまくります。

 

鬱陶しいですね。でも、気になるんです、とても。

そこは別にいいじゃん!みたいなところほど気になる。

大きなことは思ってたことよりもしょーもないことが多いから、

あんまり気にならないんですけどね。

 

母とちらっと話していて、

「なんで?」って好奇心旺盛な子はだいたい賢い子が多くて、

小さい頃は賢かったけど、全然あかんな。アンタ。

と言い放たれて絶句…。ホンマやぁ。

 

とても残念な気持ちを、したためてみました。