日々、フジマキコクバン。

大阪在住。フリーの編集者兼ライター・フジマキユウコが書いています。

聖地を探して…。

昨日18日の夜は、肥後橋にあるCalo Bookshop&Cafeで行われた、

『気持ちのいい聖地〈関西編〉』出版記念イベントに行ってきました。

 

写真家・西岡潔さん、ライター・藤田祐一さん、編集者・竹内厚さん

によるfernichと、モノ作りユニットNEOTAOちゃんによるトークです。

 

テーマは「アジアの聖地と石切りさん」

 

ですが、テーマに縛られず皆さんノビノビしゃべってはりました。

 

NEOTAOのお2人は、先日、微笑みの国・タイに行ってきたそうで、

そのお話なんかもしていました。

 

fernichによる本の解説はもちろん、

3人それぞれによる自分に合う聖地、合わない聖地、

ドコドコのパワーは凄かった、ドコドコは怖かった~など、

興味深い話をたくさん聞けました。

 

特に、写真家・西岡さんの話が強烈でした。

長野かどこかの聖地取材から戻って来たら、

見えない何かを連れて来てしまった…というお話。

 

連れて来ちゃったなら、帰してあげなきゃいけない!

と、もう一度聖地を訪れ、無事帰してあげたとか…。

凄い話だぁ。

スライドを見ながら分かりやすい解説。

トーク終了後の質問コーナーも熱かったです。

本もゲット!

空間快楽案内―気持ちのいい聖地 関西編

空間快楽案内―気持ちのいい聖地 関西編

是非買って下さい。

写真も素晴らしいですが、文章も分かりやすくて勉強になります。

 

最近、月1で行っている奈良県は山添村にある聖地・鍋倉渓も掲載!

なんだか運命を感じますね。

 

そういえば、西岡さんが農家民宿・里舎のおじさんに会った…

みたいなこと言うてはったなぁ。

 

とても有意義な時間でした。