日々、フジマキコクバン。

大阪在住。フリーの編集者兼ライター・フジマキユウコが書いています。

【過去の制作物紹介】写真作品~編プロ時代編~

編集プロダクションにいた時は、

忙しくて仕事以外でカメラ持つことなんて一切なかったです。

自宅のパソコンさえ、仕事以外で開けなかった暗黒の時代。。。笑。

 

会社か、取材で外にいるか、家では寝てるだけでしたね。

休みとか何してたか全然覚えてないです。

徹夜ばっかりしてた思い出。笑。みんなそうなんでしょうけどね。

 

編集プロダクションに入社したのが平成21年1月やって、

私はその1ヵ月前に父親を癌で亡くしまして。

ここに入るまで半年間無職でした。

 

家の手伝いをしていて、ずっと父の闘病を写真にしてました。

 

苦しかったなぁ。あの半年。でも楽しかった!幸せやった!

父のこと大好きやったので、思い出すと泣けてきますが。。。

一緒におれて良かったと思います。

 

そんな父を撮った写真を、編プロ時代に写真展にしました。

f:id:fujimaki_kokuban:20130422135859j:plain

遺骨を持って、父の実家でにっこり。

 

悲しいことを、悲しいままにしたくない。

お父さんのことが大好きやから。お父さんはかっこよかったから。

お父さんは真面目で、だけどユーモラスやったから。

 

生きているうちに伝えられなかった、

「大好きです。尊敬しています」

という気持ちを、誰かに知って欲しいと思ったんです。

 

展示模様。

f:id:fujimaki_kokuban:20090822182546j:plain

いっぱ見に来てもらって、おおきにです。

ピースしてるおばはん、お母さん。陽気の塊みたいな人。

f:id:fujimaki_kokuban:20090822184607j:plain

展示はダイブ明るく。見てる人に楽しんでもらえるように。

f:id:fujimaki_kokuban:20090826202053j:plain

毎日手書きの壁新聞描いて貼ってたり。。。

f:id:fujimaki_kokuban:20090826202103j:plain

友だちの財布より一回り大きいサイズで写真集作ったり。

f:id:fujimaki_kokuban:20130419002551j:plain

↑写真集は重い。死ぬまでをずっと載せてるから。

f:id:fujimaki_kokuban:20090822202027j:plain

みんなすすり泣いていて、悪いことしたなぁと思った。

 

フリーペーパを配ったり。

結構、お金かかりましたが楽しかったなぁ。

f:id:fujimaki_kokuban:20080626113905j:plain

23歳のフジマキと父。最後の2ショットかもしんない。

もっとちゃんと撮ったら良かったなぁ。テレちゃう。

こんな早く死ぬと思わんかったから。。。

 

また、写真展したいと思っております。