日々、フジマキコクバン。

大阪在住。フリーの編集者兼ライター・フジマキユウコが書いています。

【過去の制作物紹介】写真作品~学生時代編~

学生時代の写真作品はあり過ぎるほどあって、

載せたらキリがないのですが…。

 

開催した写真展のDMや作品集の表紙などを載せてゆきます。

まずは、

f:id:fujimaki_kokuban:20130422131333j:plain

大学2回生の時に開催した、グループ展。

このDMを見ただけで凄く懐かしい気持ちになる。

 

中崎町にあった、

当時オープンしたばかりの古着屋さんのギャラリーで開催。

初めて尽くしで楽しかったなぁ。

 

まだこの時、私自身、どんな写真が撮りたいかとか、

どんな方向性でいくかとか、ノープラン過ぎた反省があります。

写真にテーマが無かった時代。

この作品を、こう見て欲しい!という確固たる信念みたいなもんなく、

パシャパシャ撮って気に入ったものをチョイスする…っていう。。。

恥ずかしいなぁ。

一緒にやった友だちの作品とか見て、

勉強になったこともたくさんあるので、やって良かったです。

 

そして、翌年に学校の授業で開催したグループ展です。

f:id:fujimaki_kokuban:20130422132238j:plain

写真評論家・小林美香先生の授業です。

各々、展示作品と写真集を作るというのがルール。

 

私は展示3作品、写真集2冊用意しました。

 

この時の展示は、しっかりテーマを決めて撮影。

一度グループ展を経験していたおかげで、なんとなくのプランや

段取りが出来ていて作業的には楽だったです。

大変なのは大変だったけど。。。

 

テーマ

自分の通っていた高校が、

少子化の影響による統廃合で無くなってしまうことが決定。

この学校に通っていなかったら、今の自分はいないということ、

ここで出会った友だち、先生、すべての人が大切で感謝していること、

その思い出や記憶を、絶対に忘れたくないと思ったから写真にしました。

大嫌いで大好きだった…高校。

不安定な心を持った女子高生だった私を育ててくれた、

あの環境を失うのが悔しい…そんな気持ちをカタチにした展示です。

 

こちら写真集。

版画にハマってた時。

↑こちらは、表紙は自分で彫った版画。この時、版画にハマってたっけ。

中は静かな写真らしい写真を並べています。

これはイラスト描きの友人・カワカツとの初コラボ作品。

中身はプリクラ帳というテーマで絵と写真を切り貼りしています。

コラージュ作品。

 

まったく違うタイプの写真集を用意したことで、

いろんな反応が見ることが出来たのを覚えています。

 

きちっとした写真集の方が良い!プリクラのは嫌っ。っていう人。

プリクラの方を絶賛してくれる人。面白かったなァ。

 

また、写真展したいです。